チェックフィールド株式会社

東京 港区 千代田区 中央区 ITの運用管理やコンサルティング・相談・サポートはITコンシェルジュにお任せください

スタッフぶろぐ

このエントリをはてなブックマークに登録

TGoogle Analyticsでのそれぞれのチャネルの意味

Google AnalyticsはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールで、
柔軟なカスタマイズ性と計測精度でアクセス解析ツールの中でも不動の人気を誇っています。

ただし、理解して扱えるようになるには、幾つかのウェブに対する予備知識と、
専門用語の理解が必要になってきます。

今回は、Google Analyticsを利用し始めてまだあまり経ってない人に向けて
単語の意味などを少しお伝えできればと思います。

まずアクセス解析を行うにあたって気になるのはアクセス数であることは同じだと思いますが、
どこからどうやってウェブサイトにたどり着いたか、も気になるんじゃないでしょうか。

そんなときは「集客」のサマリーを見ると、どこからユーザーがやってきたかが分かるようになります。

まずは下の画像を御覧ください。

screenshot

このようにセッション数順で流入経路が見られるのですが、
なにやら英語で書いてあってよく分からないと思うかもしれません。
それでは一つ一つ見ていきましょう。

Organic Search

自然検索ともいわれるもので、いわゆるGoogleなどの検索エンジンの
検索画面などで検索キーワードを入力した結果からたどり着いたユーザーです。

このOrganic Searchをクリックすると、検索キーワードが分かるのですが、
(not provided)問題が出てきたりと一筋縄でいかない時があるので、
そのお話はまた別の機会に出来ればと思います。

Referral

読み方としては“リファラル”といい、直訳すると「参照」となるでしょうか。
これは、他のウェブサイトなどからリンクをたどってきたユーザーを指します。

例えば、最近で言うと「NAVERまとめ」や「はてなブックマーク」で特集記事を組まれると
急にこのReferralからの流入数が増えたりします。

他サイト(※良質なサイトに限る)からリンクを貼られているということは、
ウェブサイトの評価にも高評価を与えるので、可能であれば増やしていきたいですね。

Direct

検索でもリンクでもない、いわゆる直接ウェブサイトを見に来ているユーザーを指します。
URL入力欄に直接入力するか、ブラウザのブックマーク機能などから来るとこのカテゴリに属します。

Paid Search

いわゆる検索連動型広告などのネット広告経由がこれに当てはまります。
たとえばGoogleで「マンション」と検索すると黄色い「広告」というラベルのついたものが
検索上位に表示されていると思います。
これらが検索キーワードに基いて表示される広告です。

この広告をクリックした際に加算されるのがこのPaid Searchです。

Display

これは上記のネット広告の1形態ですが、上記が検索連動型だったのに対して、
この「ディスプレイ広告」は、出稿したい広告とニーズがマッチするようなサイトやブログなどに
主に表示される広告であるため、検索連動型広告ほどユーザーとのマッチ度は高くありませんが、
近年人気が高まってきている広告です。

こういった広告をクリックしたユーザーはこちらにカウントされます。

Social

SNS(Social Network Service)経由で流入してきたユーザーがカウントされます。
FacebookやTwitter、Pinterestなど実に様々なSNSがありますが、
こちらもReferralと同様、ウェブサイトの評価につながりますので、
増えることに越したことはありません。

(Other)

最後にこのOtherについてですが、これはGoogle Analyticsの1日の計測可能件数である、
50,000件を超えたものがカウントされたものです。
小規模なウェブサイトであればほぼカウントされることはありませんが、
中規模以上のウェブサイトになると対策が必要になってきます。
その辺りはまた別の機会でお話できればと思います。

いかがでしたでしょうか?
まだまだ専門用語や設定などややこしい物がいっぱいなので、
今後少しずつでも紹介できればと思っています。

それではまた今度。