チェックフィールド株式会社

東京 港区 千代田区 中央区 ITの運用管理やコンサルティング・相談・サポートはにお任せください

スタッフぶろぐ

このエントリをはてなブックマークに登録

Hオンラインストレージのご紹介

皆さんこんにちは。
今回はオンラインストレージの中で、代表的な3つを紹介をしていきます。

<目次>
1.ストレージ・オンラインストレージの概要
2.オンラインストレージの具体例
3.まとめ

 

1.ストレージ・オンラインストレージの概要

ストレージとは、【データの補助記憶装置】を指します。
オンラインストレージでは、【インターネットを通じて、クラウド上でデータのやり取り】をします。
一方SDカードやDVDディスクなどの外部ストレージは、【機器に直接接続し、接続した端末との間でデータのやり取り】をします。

2.オンラインストレージの具体例

・Google Drive…無料版:15GB(Gmailなどと容量を共有)
→Googleアカウントがあれば利用可能のオンラインストレージです。
データを共有する際、共有する側のみ容量を負担するシステムの為、容量の節約が容易です。

・OneDrive…無料版: 5GB
→Microsoftが提供しているオンラインストレージです。
Windows8以降のPCをご利用の場合、既にインストールされていることから導入の手間が軽減されます。
またOffice製品との連動がスムーズで、外出先でもオンライン上で文章の編集ができます。

・Dropbox…無料版: 2GB
データの共有が直感的にできると評判のオンラインストレージです。
ご利用の機器のOSに左右されない使いやすさが特徴です。
またDropboxのアカウントを持っていない相手へ、専用のURLを送ることでデータ共有が可能です。

3.まとめ

今回は代表的なオンラインストレージを3つ紹介いたしました。
サービスごとに強みがありますので、是非無料のプランで一度ご利用いただいてはいかがでしょうか。

〇参考資料
・Google Drive
 https://www.google.com/drive/

・OneDrive
 https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onedrive/compare-onedrive-plans?activetab=tab%3aprimaryr1

・Dropbox
 https://www.dropbox.com/ja/individual/plans-comparison