チェックフィールド株式会社

東京 港区 千代田区 中央区 ITの運用管理やコンサルティング・相談・サポートはITコンシェルジュにお任せください

スタッフぶろぐ

このエントリをはてなブックマークに登録

km「Dropbox Business」のご紹介

近年、様々なクラウドストレージサービスがございますが、
Dropboxをお使いの方も多いのではないでしょうか。
今回は、企業版Dropbox である「Dropbox Business」をご紹介します。

– Dropbox Businessとは?
企業向けに開発されたDropboxです。
https://www.dropbox.com/business

Dropboxには無料で利用できる「Dropbox Basic」や
1TBのストレージを利用できる「Dropbox Plus」など個人向けのプランもございますが、
「Dropbox Business」には、企業向けの管理機能やセキュリティ機能が備わっております。
以下、Dropbox Business特有の機能について説明いたします。

 

管理コンソールによる管理機能
Dropbox Businessには、管理者が存在します。
管理者は「管理コンソール」画面より、メンバーを登録・削除・パスワードのリセットを行ったり、
メンバーが共通で利用できるチームフォルダの共有権限の設定を行うことができます。
また、利用者のアクティビティ(ログイン状況やファイルの編集履歴など)を確認することも可能です。
 

 

スマートシンク機能
スマートシンクは、クラウドにあるファイルを
ローカルのファイルと同様に扱えるようにする機能です。
ディスク容量の小さいパソコンでも、
ローカルのハードディスクの容量を圧迫することなく、クラウド上のファイルにアクセスできます。
大勢のメンバーで共有フォルダを活用する際には、便利な機能です。
https://www.dropbox.com/ja/smartsync

 

セキュリティ機能
デバイスを紛失したり、盗難にあった際、
管理者にて、アカウントへのリンクを解除して同期を停止したり、
ローカルの Dropbox フォルダからすべてのファイルを遠隔削除することが可能です。

– 価格
https://www.dropbox.com/business/pricing

 

「Dropbox Business」には、個人向けプランにはない、
効率的に一元管理するための機能や大切な情報を守るセキュリティ機能が、
他にもたくさんございます。
個人向けプランでお使いの方や、クラウドストレージサービスをご検討の方は、
是非参考にしてください。